読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どばどばチリソース

ボードゲームの紹介を中心としたブログ

ボードゲーム「狩歌 基本+応用+プロモーション」4人プレイ

ボードゲーム

年末年始接待用に買った「狩歌」を4人でプレイ。

 

f:id:liberteabi:20170131212827j:image

 

狩歌

(CARU UTA)

 

プレイ人数:2~8人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間:20分
デザイン:Xaquinel
価格:1,944円(税込)

 

 今回はボードゲームほぼやったことない来客に「このゲームはカルタだよ」ってことと「聞こえた歌詞を取るゲームだよ」ってことだけを伝えて遊んでみた。

かける曲(J-POP)はAmazonプライムミュージックを使って適当に選曲した。

 

最初こそ戸惑っていたものの、自分が2枚目のカードを取る頃には要領がわかったらしく、真剣に曲を聴き始めた。 

 

結果、ゲームの評判はかなり上場で「もう1回」を繰り返して10曲くらいは遊んだ。

 

ちなみに基本セット、応用セット、プロモーションカードはすべて同じサイズの歌詞カードなので、基本で遊んでしばらくしたら応用とプロモーションのカードも追加し、最終的には全部混ぜて遊んだ。

 

 

▼開始前にカードを並べてる様子

f:id:liberteabi:20170131230617j:image

 

たまたまかもしれないが、何度か遊んでわかったことは、最近の曲は繰り返しが多くて後半は新しい歌詞が出現しづらい。昔の曲は歌詞が独特でカードの出現率が低いものが多い。

ラブソングも「愛」とか「キス」みたいな歌詞を期待しても、そんなにわかりやすい単語はそうそうでない、ということ。

 

次回は「西野カナの曲」で「震える」のゲットに挑戦してみたい。

 

 

 

狩歌 CARU UTA 基本セット

狩歌 CARU UTA 基本セット