読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どばどばチリソース

ボードゲームの紹介を中心としたブログ

ボードゲーム「ダイ公望」開封の儀

ゲームマーケット2016秋で買った「ダイ公望」を今頃開封。

 

 f:id:liberteabi:20170226122947j:image

ダイ公望

(Load of the Die-angler)

 

プレイ人数:2~5人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:20分
デザイン:Nakamura Satoru
価格:2,400円+税  

 

 大きな箱ばかり開けて遊んでいたら、買ってから早数か月。

ダイスで魚を釣るゲーム、「目指せダイスで太公望」=「ダイ公望」を開封。

 

▼外箱、サイズは「髑髏と薔薇」くらい

f:id:liberteabi:20170226122936j:image

 

▼裏、「ダイスが釣り竿になる」と書いてある

f:id:liberteabi:20170226123022j:image

 

▼ 内容物はこんな感じ、ダイス多い

f:id:liberteabi:20170226123036j:image

 

▼衝立カードの裏側にはゲームの流れが書いてある

f:id:liberteabi:20170226123046j:image

 

▼釣り竿となるダイスは6面5つと特殊釣り竿となる10面、20面各1つ

f:id:liberteabi:20170226123118j:image

 

▼中央のカードをめくって今回釣る獲物を決める

f:id:liberteabi:20170226123106j:image

 

 ▼獲物はいろんな種類がいる

f:id:liberteabi:20170226123448j:image

各魚の釣り方は

 カレイ    数字が「9」以上で釣れる

 キンメダイ  数字が「8」以上 & ダイスに「2」が必要

 メバチマグロ 数字が「14」以上 & ダイスに「2、3、4」が必要

 スズキ     数字が「10」以上(ダイスは全て違う目である必要がある)

 

 

▼獲物を釣るダイス(釣り竿)を隠して選ぶ

f:id:liberteabi:20170226123056j:image

少ないダイス数を申告したプレイヤーから「フィッシングチャレンジ」できる ので、手元を隠しながらダイス(釣り竿)を選ぶ。

 

▼獲物が「カワハギ」の場合

f:id:liberteabi:20170226123131j:image

上記の場合、赤が先に挑戦したものの

 数字は5以上で〇、ダイス「1」がないので×

青が後から挑戦し

 数字は5以上で〇、ダイス「1」がないので×

 

▼2回目のチャレンジ

f:id:liberteabi:20170226123152j:image

 ここで赤が

 数字5以上で〇、ダイス「1」を含んで〇

カワハギを釣ったことになる。

 

 

ダイスたくさん振ることになるので、そういう気分のときにはいいかも。

ルールもそんなに複雑じゃないので近々遊んでみたい。

 

 

 

太公望〈上〉 (文春文庫)

太公望〈上〉 (文春文庫)